toggle

検品について

弊社では長年のモノづくりの経験から、検品作業を特に重要視しております。
上場企業様の認定も受けている検品工場内で、それぞれの商品に対応した最適な検品を行い、最終ユーザー様がご満足できる品質を維持するよう、日々努めて参ります。

 

購入代行手数料5%には、下記の項目の簡易検品費用を含んでおります。

  • 数量の確認
  • 開梱、開封無しで可能なサイズ、色の確認
  • 開梱、開封無しで可能な不具合の確認

*簡易検品での購入の場合、キズ、汚れ、破損等々、日本で発見された不良と思われる商品に対しての保証は致しかねますので、予めご了承ください。

 

開梱検品について

しかしながら、日本と中国では品質に対する概念が大きく異なり、汚れが付着している商品や糸始末ができていない商品がごく当たり前に売買されております。
そういった商品が、お客様の購入される商品に紛れ込むことがないよう、開梱をして検品を行う、開梱検品をご選択いただくことを強くお勧めいたします。

 

開梱検品で行う範囲は下記となります。

  • 数量確認
  • 開梱してのキズ、汚れ、破損の有無
  • ファスナー等の動作不具合の有無
  • 指定色、指定サイズに対しての相違の有無
  • 目立つ部分の糸始末

 

開梱検品では下記のサービスが無料です。

  • 新しいOPP袋に入れ替え
  • ダブルカートン(2層構造段ボール)で梱包、発送

 

開梱検品にかかる費用

サービス料:1個につき3商品代に対して5%

◆検品箇所について、懸念が予想される点、特に注意を行いたい点は、備考欄に記載をお願い致します。

◆検針、検寸、通電動作確認等、特別な作業も別途料金にて対応可能です。お気軽にご相談ください。
(複雑なものについては対応しかねる場合がございます)

◆開梱検品につきましては万全の体制で臨みますが、人の手を介するもので完全をお約束することが困難です。
検品による品質の保証は出来かねますので、予めご留意ください。

 

不良品の扱いについて

開梱検品において不良品とみなした場合、まずお客様に内容をお伝えしたうえで、販売店に対して交換もしくは返金の可否を交渉します。
交換の場合、中国国内の送料については購入側が負担する確率が非常に高くなり、その費用をお客様にご負担いただく場合がございます。
中国の商習慣としてあらかじめご了承ください。
返金された場合は、その金額をお客様にお戻し致しますが、購買手数料及び検品代が発生する場合がございますので、ご注意ください。

また、その不良が中国基準に当てはまらないという理由で、販売店が交換も返金も受け付けないケースもございます。
そのようなことが起こりうることを予めご留意ください。

 

開梱検品をご選択いただき、商品がお客様のお手元到着後万一不具合を発見された場合は、その不具合と思われる箇所の画像や詳細を、お客様対応窓口までメールにてご連絡ください。内容を確認後、速やかに弊社からの対応についてご連絡させていただきます。