toggle

なぜ購買代行業者が必要なの?

何をしてもらえるの

代行業者が中国の店舗、工場に対して仕入、価格交渉から、注文、検品、発送までの全てを、ご利用者様に代わって代行します。
ご利用者様は日本に居ながらにして、淘宝(タオバオ)・阿里巴巴(アリババ)などから、商品を仕入れることが可能となります。

 

アカウント登録には

個人で淘宝(タオバオ)・阿里巴巴(アリババ)を利用するには、アカウントを登録し支払い決済ができるように、支付宝(アリペイ)といわれる電子マネーの登録をしなければなりません。
それには中国現地の銀行口座が必要になりますので、ご利用者が中国に赴き銀行口座を作らなければなりません。
最近では支付宝(アリペイ)にクレジットカードの情報を登録することによりクレジット決済も可能ですが、別途手数料が必要になり、更に仕入れコストが上がってしまいます。
入口からそれなりのスキルが必要で、ハードルが高いのです。

 

現地での交渉

淘宝(タオバオ)・阿里巴巴(アリババ)などで注文をするときには、在庫の確認や値段交渉、発送方法などをチャットでやりとりすることになり、中国語が必須となります。
中国に拠点がある代行業者を利用することにより、現地のプロスタッフが経験を活かし的確な交渉を行いますので、正確でスピーディーな取引が可能となってきます。
日本のネットショップのスタイルとは違い、注文した色と違う、商品画像と違う商品が届いたなど、日本では考えられないようなトラブルが多々発生します。
そんなトラブルも代行業者が未然に防いでくれるので、安心につながります。

 

外注の必要性

注文された商品が到着したときに、もちろん商品の不備、不良品などの確認が必要になります。
代行業者を利用することにより現地で検品、梱包、発送作業もサービスに含まれ、輸出用インボイスの作成もしてくれますので、ご利用者は、ご注文後、安心して商品の到着を待つだけとなります。
もちろんアマゾンFBA倉庫への直納等も対応可能で、パッケージ入れ替え、ラベル貼り作業などの労働コストを大幅に軽減できます。